投資競馬必勝法

モンテカルロ法

 

 

モンテカルロ法とは、配当が3倍以上か、3分の1の確率の賭けに有効です。

 

モナコのモンテカルロにあるカジノを1件潰したことから名づけられた投資法です。
数列を使った特殊な計算方法であることから、算術計算式とも呼ばれています。
また、マーチンゲール系の改良版とも言われています。

 

(1、2、3)の数列から始まり、投資金はその両端を足した金額に決定されます。
外れた場合は、右端の数字に1を足したものを加え、的中した場合は、両端から2つずつ数字を消していきます。
※数列の両外側から取る数は(配当−1の数)を取っていきます。
ここでは配当が3倍の説明をしていますが、配当が2倍の場合は(2−1)なので両外側から1個づつ取ります。

 

実際、表を用いて詳しくご説明します。

 

 

 

 

例 (1単位を1,000円とした場合)

レース

勝敗

単位

投資金

1レース目

(1、2、3)=4

4,000円

2レース目

(1、2、3、4)=5

5,000円

3レース目

(1、2、3、4、5)=6

6,000円

4レース目

(1、2、3、4、5、6)=7

7,000円

5レース目

(3、4)=7

7,000円

6レース目

(3,4、5)=8

8,000円

7レース目

(3、4、5、6)=9

9,000円

ゲーム終了(始めの単位に戻ります)

8レース目

(1、2、3)=4

4,000円

9レース目

(1、2、3、4)=5

5,000円

10レース目

(1、2、3、4、5)=6

6,000円

 

1レース目×

単位の両側1と3をたすと4になりますので、4,000円購入し、外れます。

 

2レース目×

単位の両側の1と4をたすと5になりますので、5,000円購入し、外れます。

 

3レース目×

単位の両側の1と5をたすと5になりますので、6,000円購入し、外れます。

 

4レース目○

単位の両側の1と6をたすと7になりますので、7,000円購入したところ、的中しました!

 

5レース目×

前レースが的中したので、5レース目は4レースの単位の真ん中2つの数値(3、4)=7単位の投資になります。
7,000円購入したところ、外れました。

 

6レース目×

6レース目は(3、4、5)=8単位の8,000円の投資になり、負けると前レースから1つずつ増えていきます。

 

このように、単位の数列を利用しながら投資していくという方法になります。
7レース目で負けた時点で、両側の2つを取っても残らないので、単位は(1、2、3)に戻ります。

 

外れ続けても投資金がそれほど大きくなりません。
1回の的中で必ずこれまでの投資金を全て回収できるわけではありませんが、
少しずつジワジワと資金が増えていくような投資法です。
長期的な投資方法として考えるのがいいでしょう。
オッズに応じ、的中時に削る数字の個数を変化させるなどのアレンジも可能です。

 

 

実際、競馬投資をすることで資産運用ができるソフトがあります。
自動運用システムですので、時間が無い方にお奨めです。
私も無料で体験したことがあります。⇒競馬予想ソフトについて

○ソフト名:
  UMA BANK SYSTEM
○ジャンル:
  競馬投資ソフト
○特徴:
  目標利益を設定し、ソフトが1日に行われる全てのレースから自動で投資に最適なレースを選択し、
  自動で購入する。
○機能:
  @シュミレーション機能
  A自動運用システム
  B100点以上同時購入が可能
  C即PAT連動システム

 

 

UMA BANK SYSTEMの詳細はこちらをクリック

 

 

 

 


トップページ 今週のメインレース 予想競馬 競馬予想体験談 競馬予想サイト口コミ 悪徳業者の手口